海外就職のメリット:年功序列より実力主義

海外就職のメリット:年功序列より実力主義

現在の日本は非常に不景気でいつ会社をリストラになるか分からない状況です。日本の労働環境は年功序列といわれています。年功序列というのは年が若い人より年をとっている人のほうがいい環境になれるという状態です。

 

 

 

この年功序列威のいいところは自分も年をとって行けばいい労働環境になれるということです。しかしこれは一つの会社でずっと働く場合ですリストラが多い今の社会ではあまり意味がなく、また仕事ができない人も年功序列によってある程度の地位を得ることが出来、それによって仕事の出来る若い人達が虐げられるという環境をも作ってしまっています。

 

 

 

では海外はどうなのでしょうか。海外就職をするとそこは日本とは違い実力主義の世界になります。実力主義ですので実力しだいで自分の収入が変わってきます。

 

 

 

いくらがんばっても給料が全然変わらない年功序列制度より仕事への取り組む姿勢は大きくかわってくるのではないでしょうか。また海外就職をすることによって労働時間などの面でも大きな違いが生まれてきます。日本では残業は当たり前という雰囲気がありますが、外国は残業している人は仕事時間内に仕事を終わらせることの出来なかった仕事が出来ない人というレッテルを貼られてしまいます。

 

 

 

なので海外の会社員の多くは勤務時間で帰りしっかりと家族サービスをします。休暇などにも同じことがいえます。海外は家族サービスを大事にするといいう考えがあるので今の日本とは大違いです。