海外就職のメリット:上下関係をあまり気にしなくていい。

海外就職のメリット:上下関係をあまり気にしなくていい。

海外就職をした場合、上下関係というものをあまり気にする必要がありません。海外では、職務上の立場の違いや権限の違いは明確にありますが、それは役割分担であってどちらが偉いとか偉くないということにはつながりません。

 

 

 

全く地位による待遇さがないわけではありませんが、基本的に上と下という関係であることよりも、個人と個人の関係であることの方が重要視されます。よって、地位が下だから上の人に服従しなければならないのは権限に関するものだけであり、あとのプライベートなことや、業務上、直接関係しないことに関しては全く平等であると考えて良いです。

 

 

 

例えば、上司の個人的な買い物のおつかいを頼まれるようなことはありません。仮に頼まれたとしても、それは友人レベルでの付き合いと同じで簡単に断ることができます。上司としても業務命令でなければ、おつかいはただのお願いをしただけで、それを知人に断られただけだという風に捉えます。

 

 

 

よって、評価を下げたり怒ったりすることはまずないので、安心して断ることができる環境です。海外就職した際には、上下関係に関係なく、上司とも平等に付き合える環境だと考えていいです。日本のマナーのように、上司を上座に誘導したり、エレベーターなどでは誘導しなければならないようなことはないので、いつも気楽で自然体でいられます。余計な人間関係に煩わされずに仕事をしたい人には、上下関係がほとんどない海外就職はとても魅力的なものだと思います。