海外就職のメリット:男女が平等

海外就職のメリット:男女が平等

海外就職した場合、性別差別が日本に比べて少ないというメリットがあります。法律的にも差別が禁止されていますし、海外では女性も働くことが当然という雰囲気がありますので、女性だから昇進できないとか、働けないということは全くありません。

 

 

 

育児についても、男女平等に行う考え方がありますので、特に問題にならないことでしょう。むしろ、育児は女性だけではなく男性もしなければならないので、職場にも育児の大変さを理解する環境が整っています。

 

 

 

ただし、逆に言えば男女平等に仕事をこなさなければならないということでもあります。お気楽に仕事をしたいOLなどというのは存在せず、女性であっても、男性と同じく、必要があれば力仕事もこなさなければなりません。深夜残業などは多少の配慮がある場合が多いですが、基本的に女性も男性と同じように働かなければならない環境です。

 

 

 

実際に海外就職をしている人は女性も多く、男性以上に職場で活躍しています。海外では補佐的な仕事をしたい人よりも、マネージャーだったり、責任のあるポジションで働きたい人に対するチャンスが多いです。補佐的でどうでも良い仕事は、ビザの関係で採用するのが面倒な外国人を雇うよりも、現地の人を雇ってしまうからです。

 

 

 

男女共に海外就職する際には、ビザサポートをしてでも雇いたいと思われる人材であることが大切です。実力さえあれば、性別には関係なく働けますが、逆に言えば実力がなければ、性別に関係なく雇われません。海外就職では良くも悪くも男女平等であるのが特徴となります。