経験者が語る、海外就職で有利になれる3つの条件

経験者が語る、海外就職で有利になれる3つの条件

海外で働きたい、日本での労働はもううんざり、グローバルな人間になりたい、という理由で海外就職を検討する人は多いようです。
英語力に自信があるのであれば、尚更のことです。
現地の人たちとコミュニケーションを取る為に英語力は必要かもしれませんが、実際に海外就職をされた人たちはもっと大事なものがあると口を揃えて言います。

 

英語力よりも大事なもの、それは3つあります。
1つは、日本での経験と実績です。
高校もしくは大学を卒業した後、すぐに海外就職をするのではなく日本の企業で何年か働き経験を積むと海外就職の際に有利になります。
実績を出すのは中々難しいですが、例えば大規模なプロジェクトを成功させ、会社に利益をもたらす功績がある、という実績は海外に行っても強みになりますし、自信にも繋がっています。
そして2つ目は、特別な技術です。
特別な技術と言ってもそう難しい事ではなく、世界に通用する技術を持てば良いのです。
例えばデータベース関連やツールなどを使いこなすことが出来れば、それだけで武器になります。
経験者が言うには、特別な技術は英語力よりも重要視されるポイントなので身につけておくと楽に就職出来るようです。
最後の3つ目は、意外かもしれませんが現地でのコネクションが挙げられています。
海外では日本よりも人脈を重視されることが多く、友人だから、バーでよく飲む仲間だから、という理由で採用されたりもします。
全く知らない人よりも、ある程度どんな人物なのか把握出来ていたほうが企業としても安心なのでしょう。

 

以上、3つが英語力にも勝るほど海外就職には有利になれる条件でした。
全てを身につけるのではなく、3つの中から1つでも持っていれば良いようです。