人との繋がりで海外就職は成功する!?

人との繋がりで海外就職は成功する!?

海外と日本の文化はいろいろと異なり、戸惑う部分も必ずあるはずです。
そしてそれは就職も例外ではありません。

 

海外就職で必要なスキルは?と聞かれたら、大抵の人は英語力と答えるでしょう。
確かにコミュニケーションを取る為には必要なスキルです。
しかし実際に海外で働いてみると通訳や教師、秘書など常に話をしていなければいけないような職種でない限り、そんなに重視しなくても大丈夫と感じるはずです。
英語力よりも就活で役に立つもの、日本人の私たちからすれば意外かもしれませんが現地でのコネクションが案外ポイントとなったりします。

 

海外では、友人だから、妻の知り合いだから、よく行くお店で知り合ったから、という理由で採用される事は珍しくありません。
これは日本ではあまり見られない光景ですよね。
日本での就活と言えば、どんな人物なのかをチェックする為に面接はしますが、誰かの知り合いだからという理由で採用か不採用か判断する事は大規模の企業であればまずあり得ないでしょう。
しかし海外では逆です。
全く知らない人よりも、ある程度面識がある人のほうが信頼できると考えるようです。
確かに分からなくもないのですが、逆にコネクションが無かったら不利になるかも、と少しネックにも感じてしまいます。

 

人との繋がりで海外就職を成功させている人は多くいます。
日本ではこうなのに…、という考えをまずは捨てましょう。
そして就職活動と同様、現地の人たちと仲良くなれるよう努力することも大切なのかもしれません。