あなたの英語はどのレベル?

あなたの英語はどのレベル?

最近の求人、特に中途採用者に対して英語力を求めるケースが非常に多く、必ずといって良いほど求人票の項目として記載されています。
英語力を図る目安としてほとんどの企業が採用しているのがTOEICの点数になりますが、そのレベルはいくつかに分かれています。

 

 

 

まず、外資系でかつレポートを提出する先、もしくは主にミーティングをする相手が海外の場合、TOEICスコアは750から800以上を要求されます。これはほとんどネイティブと同等の会話力を要求されるということで、例えば、IT系のブリッジSEと呼ばれる職種のように、海外の開発チームを使ったオフシェア開発などをリードする際の日本の顧客と海外の開発チームとの橋渡しを行うポジションなどに要求されるレベルです。

 

 

 

次が600点から750点程度で、これは社内ミーティングで海外とコミュニケーションを取る必要があったり、レポートを提出する上司が海外にいる場合などが、これに当たります。

 

 

 

その下が450点から600点程度でこれは海外からのメールや社内文書、技術文書などが英語で送られてくる場合、その内容を理解することを求められるレベルです。

 

 

 

ただし、これはあくまでも目安で、言わば昨今の就職難などから応募者が多数に上る場合の足切りのボーダーラインとして存在するだけで、実際には就業してからは、本当の英会力というものを求められますので、面接の際に英語での面接などが必ず開催され、そこで実際の英語のレベルを見られることになります。