海外就職に必要な要素:語学力編

海外就職に必要な要素:語学力編

海外就職をするからといって、一概に高い語学力が必要であるとは言えません。意外にも、日本語が話せれば、他の外国語が必要ないという求人も多く存在します。特にテレコミュニケーションの仕事などでは、勤務地は海外であっても、顧客も上司も同僚もほとんどが日本人であることも多く、日本語だけ話せれば問題ないケースが多いです。また、日本語教師においては、日本語を日本語だけを使って教える直接法と呼ばれる教授法で教える学校の場合は、テレコミュニケーションの仕事と同様に日本語だけ話せれば問題ないケースもあります。

 

 

 

 

 

いずれの仕事においても、海外で生活することになりますから、日常生活においては、英語や現地語の使用はさけては通れません。ただし、買い物程度は指で指せば済ませられるので、語学力が問われないのです。また、海外でも地域によっては、日本人が多く住んでおり、日本語だけで生活ができる場所も存在します。

 

 

 

 

 

ただし、仕事の選択肢を広げたいのであれば、英語と現地語の習得がかかせません。語学力不問という案件は、それほど多くはなく、英語または現地語ができる人が優先的に採用されることが多いからです。また、英語と現地語の両方ができる場合は、多くの求人に応募することができ、海外就職をとても簡単にしてくれます。日常生活においても、英語と現地語ができれば問題なく暮らすことができるので、海外で働きたいなら、語学力を身につけた方がいいです。