海外就職に必要な要素:問題解決能力編

海外就職に必要な要素:問題解決能力編

海外就職した場合、日本とは比べものにならないくらい多くのトラブルに遭遇することが予想されます。海外では、インフラが整っていなかったり、社員教育が整っていないなどの理由で多くのトラブルが発生するのです。

 

 

 

さらに、トラブル対応は非常に遅くなっています。というのも一般的に複雑なトラブルに対応できる社員数が少なく、日本ほど急いで仕事をしないのです。日本ほど何でもかんでも機能していて、トラブル対応の早い国はないと言っても過言ではありません。海外就職したら、日本の常識は通用しないのです。完全に信頼できて機能できるサービスというものは、ほとんどありません。

 

 

 

どうしても、必要不可欠なサービスについては二重三重の防御策を練っておくことが大切です。トラブルが起こるものとして捉え、問題が起こった時にどう対処するかを念頭において仕事をすることが大切です。もちろん、トラブル続きですから、問題解決能力も常に必要とされます。問題が何なのかを追求し、再発防止にも努めなければなりません。

 

 

 

現地の同僚や上司とのトラブルも文化の違いから、多くなります。どちらの文化が優れているとか、怒ったりしては何も解決されません。むしろ、怒ったりすると逆恨みをされたり、最悪の場合は射殺されてしまいますので、注意が必要です。

 

 

 

冷静に対処するが厳しい態度で挑むことが大切です。絶対に問題を解決するという強い意志を持つことこそが問題解決能力には最も大切です。熱意を持って問題を解決するようにしましょう。

 

英会話スクールの魅力