海外就職に必要な要素:ビザ・滞在許可編

海外就職に必要な要素:ビザ・滞在許可編

海外就職を望む方でも、ビザってよく聞くけれど、そもそも何のこと?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
ビザは査証とも言って、これから訪問しようとする国の在外公館が、自国に入国しようとしている人や目的について審査をし、その資格があると認められた場合に発行するもので、これがあれば「正式に国に認められて、合法的にこの国に滞在しています」という証明ができるわけです。

 

 

 

例えば短期の旅行が目的と言う場合は、日本人が多く訪れる観光地では不要としている場合もあります。しかし海外就職などを目的とする長期間滞在の場合にはどの国でも求められます。

 

 

 

海外へ行ってから働く先を見つけたい、などの曖昧な目的や行き先が不明確なまま申請しても許可は下りません。
大切なのは、まず先に就労先となる企業を見つける事です。そして雇用主に「この人を従業員として雇用します」と保証してもらわなければなりません。

 

 

 

申請時には雇用主に雇用確約書を書いてもらって、その他の必要書類と一緒に提出します。もし書類に不備や不足があれば審査が長引いたり却下される原因となりますので、難しい書類関係は専門のプロにお願いする方が安心です。弁護士やビザコンサルタントが代行を引き受けているので、具体的に就労が決まったらすぐに依頼するのが良いでしょう。

 

 

 

それでも、就労の内容が自国の人材で充分まかなえるものと判断された時には、書類が揃っていても却下される場合もあるので、しっかりした企業を選ぶ事も、そのような残念な結果を招かないひとつの方法です。雇用主が海外から人材を雇い入れた実績があるかどうかなども調べ、信頼関係を結べる会社を選びましょう。