海外就職に必要な要素:職務経験編

海外就職に必要な要素:職務経験編

海外で仕事をすることに憧れたことはありますでしょうか。新卒で経験もない現地の言語にも不慣れな状態で求人があるのは稀なケースです。職務経験が豊富な人は新規で海外に拠点をオープンさせた企業にとって指導者として喉から手が出るほど欲しい人材である場合が多く経験者、職務経験がある方向けの求人情報は多くあります。

 

 

 

海外就職というと日本語以外の言語が出来ないと難しいのかと心配する人も多いですが必ずしも言語が出来る必要はありません。現地に日本語を話せる現地人が居るケースもあります。営業や接客など現地人と接する職務の場合は必要となりますが技術系の職務についてはそこまで重視されていません。もちろん言語が日常会話程度でも出来れば生活するうえで安心です。

 

 

 

現地人とのコミュニケーションを取る際にも役立ちます。現地に赴任してからでも良いので言語の勉強をすることをお勧めします。海外就職を視野に入れた就職活動ですが日本法人で採用か現地企業で採用かによって大きな開きがあります。

 

 

 

待遇面で良いのは日本法人での採用です。お給料等。また日本法人ですから万が一日本に帰りたくなった場合でも帰国して日本の営業所で働くことも可能でしょう。現地企業の場合ですがお給料については現地の物価に準じたものになります。現地人のお給料よりは高めの設定ですがそこを妥協できるかどうかです。

 

 

 

また何年か勤務した後、日本へ帰りたくなった場合でも採用が現地法人ですと転籍扱いになりますが可能かどうかは企業によって異なります。海外就職で有利になるのは職務経験がある人です。それは経験生かしてを未開の地で広げていってほしいという想いがあるからです。