就労ビザにはご注意を

就労ビザにはご注意を

夢の海外就職。
英語力を生かして海外で就職したいと願う人も多いことでしょう。
海外就職で一番大切なことが何かご存じですか?
海外ならではの問題、そうそれは就労ビザです。

 

 

 

海外で働くのと日本国内で働くのとでは大きく違います。
まず就職先の国からこの国で働いてもいいよという許可が必要なのです。
それが就労ビザですね。

 

 

 

自国のメリットは自国で生み出すというのがどの国も基本ですから他国の人を雇うからには更なるメリットを求める、という発想から存在するのが就労ビザです。しかしこの就労ビザ。取得するのに結構な時間を要します。

 

 

 

数か月から、はたまた1年かかった、なんて話を聞いたこともあります。
ビザなしで働いてしまうとこれは犯罪、強制国外退去となりますので気を付けて下さい。
留学先からそのまま就職なんていう時は大学がスポンサーになっていますから簡単に許可が出る場合が多いですが一般企業、もしくは個人起業では一筋縄ではいかないと思った方がいいです。
ですが、例えば海外の企業で現在自分が日本の支店で働いているとし、業績を上げ海外本社に転勤になったという場合なんかは許可が出やすいでしょう。

 

 

 

企業によってまた形態によって違いますし、国によっても様々です。
日本でも期限が切れてしまっている外国人を強制退去なんてニュースをよく耳にしますがもし取得できた際は必ず更新することを忘れないでください。

 

 

 

自分の身は自分で把握し、きちんとした手順を持って海外就職できるよう、事前確認が必要ですよ。